パン缶ぱっかーーーん!!パン缶を食べてみた!

パン缶ぱっかーーーん!!パン缶を食べてみた!

今回は私の職場で賞味期限が近いからということで職員に配られたパン缶を食べてみた!


目次

▼パン缶とは

▼Open the パン缶!!

▼味や食感はいかに!?


▼パン缶とは

もともとは、製パンメーカーの「パン・アキモト」さんが阪神淡路大震災を機に作ったとされる。

一般のパン屋さんに売られているパンだと、生クリームやマヨネーズを使っているようなパンの消費期限は当日中、菓子パンなどは賞味期限が2・3日なのに対して、パン缶は3年も保存が効く。

保存が効く理由としては、食べ物が腐敗する原因ともなる「酸素」を缶の中から抜くことによって保存性を高めている。

 


▼Open the パン缶!!

早速パン缶を食べてみよう!

今回は「トクスイ」のパン缶をたべてみました!

お?右上についているものは何だ??

なんと缶切り!!

災害時に缶切りがすぐに手に入ればいいけれど、そういうわけにはいかない。

缶切りがいらないタイプのものもあるが、この缶を開けるだけでなく他の事にも使えそうなので一つ備えておけば一石二鳥かもしれない。

と、ここで思ったのが…

「みなさん、缶切りの使い方知ってますか?」

今時使うことが少なくなってきた缶切り。ぜひ一度は使ってみてほしい!

大人は大体の感じで開けることができるかもしれないが、子ども達にはきちんと教えておく事をおすすめ!

このようにひっかけて、缶切りの矢印の方向に親指で押すと缶が切れていく。

開けれました!!ぱっかーーーーーーん!

掌いっぱいのサイズで結構大きめ!!95gということで、一つ食べたら満腹になれる!


▼味や食感はいかに!?

見た目:お店で売っているパンと何も変わらずおいしそう!

香り:焼きたてのパンとまではいかないものの、ほんのり甘くバターのような香り。

味:程よい甘さ。災害時にこんな贅沢できたら少し心も満たされるなぁ~

食感:ふっくらしている!思ったより硬くなくて、小さい子どもやお年寄りでも食べやすい!


 

ぜひ皆さんも、「パン缶」食べてみてはいかがでしょうか♪

自分の好みの食べ物を知り、

それをお家に置いておくだけで

防災に繋がる!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です